箕面市の桜井駅から徒歩7分の歯医者


電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

親知らずの抜歯 よくある質問

2023年12月25日

抜くことでこんにちは。
箕面市瀬川の歯医者、うえさか歯科です。

うえさか歯科は豊中市に近いことから大阪大学豊中キャンパスの患者さんも多くご来院されます。

大学生さんのお悩みで多いのは親知らずの痛みや矯正相談が圧倒的に多いです。

今回はそんな親知らずの抜歯のご相談で多いよくある質問にお答えします。

親知らずとは

「親知らず」とは前から数えて8番目、一番奥の歯です。

「智歯」とも呼ばれます。
特有の痛みを「智歯周囲炎」といいます。

一度痛みが出ると周期的に痛みを繰り返すため抜歯を検討する方が多くなります。

親知らず抜歯 よくある質問

親知らず抜いたほうがいいですか?

抜歯した方がいい親知らずと抜かない方がいい親知らず、できれば抜いたほうがいい
3つのパターンが考えられます。

抜いたほうがいい

横に生えてて痛みがよくある
親知らずと接触している手前の歯が虫歯になっている
手前の歯を押して歯並びが悪くなっている

抜かない方がいい

まっすぐ生えていて上下噛み合っている
ブリッジや入れ歯の支えになっている、もしくは将来使う可能性が高い
親知らずの移植の可能性が高い
完全に埋まっていてリスクが低い

できれば抜いたほうがいい

生えている最中で抜いたほうがいい条件に当てはまりそう
ほっぺたをよく噛みやすい
妊娠予定がある(妊娠中のリスクは後述します)
周りが腫れるが痛みはない
上下どちらかのみ生えてきていて磨きにくい

親知らず抜歯のメリットは?

親知らずは現代人にはほとんど必要ない歯となっています。
抜くことで隣の第二大臼歯の虫歯リスクが減ること、歯周病悪化リスクが減ることが大きいです。
残してブリッジ、入れ歯、移植に使うこともできますが、手前の歯が虫歯にならにようにすることが大事です。
横に生えている場合は歯列不正の原因になるので抜くことで予防できます。

親知らず抜歯のデメリットは?

痛みや腫れが出る。
しびれが出る可能性がある。
親知らずを抜くことで上下真っすぐ噛み合っている場合は負担が減ります。
将来、他の歯を抜いた際の代替え治療の幅が減る。
ただしまっすぐ生えていなければブリッジや入れ歯には使えない可能性が高いです。

親知らずの抜歯は痛いですか?

まっすぐ生えている上の親知らずはほぼ痛みがないことが多いです。
抜歯は麻酔が効いてしまえば術中はほぼ痛みませんが、麻酔が切れてからが一番痛みます。
48時間がピークになります。
麻酔が切れる前に痛みを飲んでコントロールしてもらいます。
1週間ほどで痛みはほとんどなくなりますが、1ヶ月ぐらいはうずくような痛みが時々出ます。
また、隣の歯の根元が歯茎が下がって見える場合にはしみる症状がでます。
ドライソケットになった場合は痛みが長引きます。(後述します)

今腫れていますが抜歯できますか?

腫れている状態(急性症状時)には基本的に抜歯はお勧めしません。
理由は感染のリスクが高いこと、麻酔が効きにくいことなどが挙げられます。
抗生剤を服用していただき、症状が緩和してから抜歯します。

親知らずを抜歯したらどのくらい腫れますか?

上の親知らずは埋伏(埋まっている状態)でない限りほとんど腫れません。
下の親知らずは腫れやすい傾向があります。
特に横に生えていて、歯茎を切開し、骨や歯を削ると腫れやすくなります。
腫れは抜歯後48時間をピークに1週間ほどで引いてきます。
腫れによるしびれも1週間ほどで引いてきます。

親知らずの抜歯後に注意することはありますか?

親知らずに限ったことではありませんが、当日は安静にしていただきます。
入浴はシャワー程度に控え、長湯は避けましょう。
激しい運動も避けましょう。
これらは血行が良くなり出血の原因になります。
抜歯当日のうがいはなるべく控えてください。
血餅(かさぶたのようなもの)が取れてしまうとドライソケットになります。
ドライソケットを避けるために1週間ほどは強くうがいしないようにしましょう。
お薬は処方されたとおりに飲みましょう。
とくに抗生剤は感染予防になります。
飲んだり飲まなかったりすると耐性菌の原因にもなります。

 

 

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは072-725-8148へ

診療時間
9:00〜13:00
14:00〜19:00
/
日・祝
/
/
休診日 / 土曜午後・日曜・祝日
お問い合わせはこちら
うえさかファミリー歯科
インターネット予約
インスタグラム TikTok マウスピース矯正ローコスト ドクターズファイルドクター情報 ドクターズファイルトピックス
フッターオファー
© 箕面市瀬川の歯医者 うえさか歯科