電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

小児矯正

歯並びだけでなく
顎・顔面の育成を考えた矯正治療を行います

顎の成長発育

お子さんにこんなお悩み・症状はありませんか?

  • 鼻炎・喘息を持っている
  • いつも口が開いている
  • 口呼吸が多い
  • こどもなのにいびきをかく
  • 扁桃腺を腫らしやすい
  • 歯と歯の間に隙間がない(歯並びが良くない)
  • 受け口になっている
歯周病は知らないうちに歯ぐきの骨がなくなる恐ろしい病気です

このようなお子さんは、顎の成長発育に問題があるかもしれません。
成長期に歯並びが悪くなったり不正咬合になったりする原因のほとんどは、顎の発育不良です。

その結果、歯並びが悪くなり、かみ合わせがずれてしまったり、受け口、出っ歯、歯ぐきが出る、姿勢の悪さ、鼻炎など、上記のような悩みへとつながってしまいます。

費用について

相談料 無料
精密検査 1万円(税込11,000円)
1期治療 30万円(税込330,000円)
0期治療(乳歯列期治療) 10万円(税込110,000円)
インビザライン・ファースト 40万円(税込440,000円)

床矯正(1期治療)

小児矯正のもっとも大きなメリットの1つが、顎の発育を治療に利用できるということです。

大人になってから矯正すると大変な歯並びの問題であっても、子どもの場合、治療に成長を利用できるので比較的簡単な装置を利用して短期間に治療を終えることができます。

床矯正は、入れ歯のような取り外しのできる矯正装置を使用します。
発育途中にある子どもの顎の骨を広げて、抜歯をせずに歯並びを整える治療法です。

開始年齢は5~7歳くらいが最適です。

この時期の歯並びの多くの問題は顎の骨の成長不足によって、歯が並ばなかったり、上下の顎どちらかの成長不足による出っ歯や受け口の問題です。
骨の成長ができるこの時期だからこそできる治療法です。

8、9歳でもできますが、10歳を過ぎると顎の拡大が難しくなるため、普通の矯正治療の適用になるかもしれません。

床矯正
床矯正

床矯正が選ばれる特徴

  • 床矯正の装置は取り外しが可能です
  • 周りに気づかれずに矯正治療ができます
  • 歯を抜かないで治療することができます
  • 衛生的で矯正中も歯の治療が可能です
  • リーズナブルに治療を行うことができます

インビザライン・ファースト

インビザライン・ファースト

インビザライン・ファーストは、混合歯列期(乳歯と永久歯の交換期)にある子どものためのマウスピース型矯正装置です。

インビザラインは、これまで主に永久歯が生え揃う時期の矯正治療(第2期治療)で使用していましたが、インビザラインシステムの技術進歩により、乳歯と永久歯が混在する時期の矯正治療(第1期治療)からの使用が可能になりました。

子供の受け口(反対咬合)を治す「プレオルソ」(0期治療)

子供の受け口(反対咬合)を治す「プレオルソ」(0期治療)

プレオルソはマウスピースタイプの矯正治療装置です。

プレオルソは、受け口の要因となっている口腔周囲筋群の不調和を整え、正常な咬合に誘導する装置で、乳歯が残っている時期(3~10歳)に行う矯正治療です。

治療を行うことによって正常な顎骨の成長発育の促進及び、永久歯の正しい生え変わりを期待します。

プレオルソを使うと、舌の位置が正しい位置に置かれて、唇の力を弱める効果があるため、受け口が改善してきます。

プレオルソが選ばれる特徴

  • 日中1~2時間と夜間の就寝時にマウスピースを装着するだけです
  • ブラケットやワイヤーを使用しないので見た目が気になりません
  • 全顎矯正よりもリーズナブルです
  • 痛みがほとんどないので子どもはすぐに慣れます
  • 歯みがきがしっかりできるので虫歯になりにくい
  • お子さんの顎の健全な成長を促すことが出来ます

当院では、従来の「ワイヤー矯正」や「床矯正」はもちろん、お顔全体を正しい成長方向に導く口腔筋機能療法を導入しております。

※ 症例や個人差など歯と顎の状態によりできない治療もございます。
各矯正治療の適応かどうかは、十分な検査と診断が必要となります。

歯並び、呼吸、姿勢、他歯列矯正との違いなど
ご不明な点はお気軽にお尋ね下さい

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは072-725-8148へ

診療時間
9:00〜13:00
14:00〜19:00
/
日・祝
/
/
休診日 / 土曜午後・日曜・祝日
お問い合わせはこちら
うえさかファミリー歯科
インターネット予約
インスタグラム マウスピース矯正ローコスト
フッターオファー
© 箕面市瀬川の歯医者 うえさか歯科